平静と情熱のはざまで(chiko's blog)

dankeivo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 25日

第7節 シュトルム対LASK 2:0負け

この試合のマン・オブ・ザ・マッチはマリオ・ハースでした。
d0040450_172182.jpg

Kurier紙記事:
http://www.kurier.at/sportundmotor/192751.php
Sturm braust auch über den LASK hinweg
シュトルム(嵐)はLASKをも越えて轟々と音を立て突き進む

シュトルムはブンデスリーガの時のチームである。ハースとバイヘラーが価値ある2:0のホーム勝利で決めた。

シーズン前シュトルムは5人の中心選手を失い、フォダのイレブンは何をするか?彼らは7試合で勝ち点16でクラブ記録を立てた。イヴィツァ・オシムのもとの大いなる時代ですらシュトルムはこのような良いスタートはなかった。

オシムは土曜日UPCアレーナの11,600名の目撃者のひとりであった。
Denen vor Augen geführt wurde, wie einseitig Fußball sein kann.

LASKは破壊的に始まり、ディフェンシブ。前半はシュトルムしかプレーしなかった。連携を楽しむような、素早く、1対1では優勢に。

統率の取れたLASKのディフェンスはペナルティーエリアで大抵は高いボールだがコースを消すことに忙しく、自身の攻撃を実行に移すこような状態ではまったくなかった。しかしゲームメーカーのムラトヴィッチが26分負傷退場したグラツァーもまた明らかなゴールチャンスは前半なかった。

サイドチェンジの後変わった状景:突然LASKは融けた(?)。ヴァスティッチ(49、ネットの外)2度のピエルマイヤー(56,57)はゲストにとっての良いチャンスだった。

このまさにLASKの良い局面にシュトルムは先制した。キエンツルは右サイドでバイヘラーに長いパスを出し、バイヘラーはこのボールを受け、パーフェクトなセンタリングを成功させ、ハースが頭でゴール隅に決めた。(62)5分後バイヘラーが25Mからの素晴らしいボレーシュートで2:0に積み上げた。

74分のスタンコヴィッチのシュートはクロスバーであった。勝ちある2:0のホーム勝利でシュトルムは首位を守った。少なくとも日曜日まで、ラピッドが3:0でオーストリアに勝利すればシュトルムを追い抜けるだろうが。
[PR]

by dankeivo | 2008-08-25 01:19 | LASK
2008年 08月 18日

リッピ、ヴァスティッチに感動した

新代表監督カレル・ブリュックナーの指揮のもと、8月20日にニースで親善試合イタリア戦が行われます、ヴァスティッチは残念ながら選ばれませんでした。
ネット検索中イタリア監督リッピのインタビュー記事見つけました。

d0040450_16253878.jpg

http://www.oe24.at/zeitung/sport/fussball/article346452.ece
イタリア代表監督マルチェロ・リッピはインタビューでカレル・ブリュックナー、ユーロ、について話し、オーストリアの何を評価しているのかもらした。

ÖSTERREICH:水曜日ニースでオーストリア戦が行われる。この試合はイタリアにとってどのような意義があるのでしょうか?
Lippi:私個人にとっては特別なものだ、なぜなら私の監督としての最後の試合はワールドカップ2006のファイナルだからね。大変嬉しいよ。

ÖSTERREICH:あなたはオーストリアの代表新監督カレル・ブリュックナーをよく知っていますか?
Lippi:素晴らしい監督だ。彼をよく知っているよ。彼は非常に多くのことを解っていて、経験もある。彼はいい男だ。チームに100%持ち味をもたらすには時間がかかるだろう。

ÖSTERREICH:それからニースでは友人の間で出会いがある。
Rippi:その通り、カレルとともに監督研修に出席し、2006年ワールドカップで我々はまた会った。イタリアはチェコに2:0で勝った。彼の成功を祈るよ。

ÖSTERREICH:あなたはユーロの間オーストリアチームにどのような印象を持ちましたか?
Rippi:あなたがたはホームで素晴らしい人気で、素晴らしい試合をした。ひとはあなたたちの大きなモチベーションと熱狂をみた。あなたがたはコンパクトに試合をしていた。そこにあのヴァスティッチがいた!?

ÖSTERREICH:はい、われわれのチームの年長者、彼はイタリア戦にはいないでしょう。
Rippi:彼は私を感動させた。38歳の彼が見せてくれたことは本当に素晴らしい。ヴァスティッチは経験をおおいに生かし、生き生きとしている。そしてブロンドのフォワード ローマン・キーナストもよく売り込んだ。

ÖSTERREICH:ガリシス、ザウメルとマニンガーはセリエAでプレーしている。このことは彼らにとって大変有利なことでしょうか?
Rippi;もちろん、セリエAは最も強いヨーロッパのリーグだ。成果を収めることは難しい。それを成し遂げることは素晴らしいことだよ。

ÖSTERREICH:ワールドカップ勝者にとってオーストリア戦はどのくらい容易いことでしょうか?
Rippi;(ほくそ笑んで)散歩ではないだろう。
[PR]

by dankeivo | 2008-08-18 16:37 | Ivica Vastic
2008年 08月 11日

LASK ダービー戦に勝利し、首位

前節負傷したイヴォは練習にすぐ復帰し、この試合も出場できるのでは?と思っていましたが残念ながら欠場・・・マイアレブが2得点、ロスタイムに引き離しで勝ちました。
d0040450_1525177.jpg

LASK公式:
http://lask.at/content/lask/aktuell/archiv/2008/august/lask_mit_derbysieg_bundesligaspitze/index_ger.html
LASKはSVリードに2:1でホーム戦勝利し首位に立った
(日曜日終わった時点ではシュトルム、ラピッドについで3位)

8500名の観客はリンツァーシュタディオンで素敵なOÖNダービーを観戦した。両チームとも初めのうちは一つのゴールが成功しなかった。LASKはゲームメーカー イヴィツァ・ヴァスティッチを口実とせざるをえなかった。彼は試合開始1時間前なお個別練習をやっていた。
それに加えてミヒャエル・バウアーは30分後負傷でピッチを去った。

後半になってやっとゴールが決まった。クリスティアン・マイアレブは2得点でインフォルテラー(Ried)を単独敵陣突破で射止めた。PK(66分)とロスタイムの決勝弾(91分)はこのLASKのフォワードのシーズン3,4得点目であった。ストックラサ(82分)に同点とされた後我らのイレブンの勝ちたい気持ちが終盤でこのゲームを決めた。
[PR]

by dankeivo | 2008-08-11 14:57 | LASK
2008年 08月 05日

診断結果が出ました、ホッ!

LASK公式:
http://lask.at/content/lask/fans/weblog/index_ger.html?category=Medical%20Corner

イヴォに4日間の休み
上顎の血腫

日曜日ザルツブルクでのブンデスリーガマッチで受けたイヴィツァ・ヴァスティッチの負傷は月曜日の検査によって上顎の打撲による内出血と判明した。
コンピュータートモグラフィーの後チームドクターDr ミラン トルヤンは警報解除することができた。骨折や脳震盪は診断されなかった。このLASKのドクターはヴァスティッチに4日間のトレーニング禁止を命じた。それゆえ8月8日金曜日のRiedとのOÖNダービー戦の出場はむしろ不可能であろう。

たいしたことにならなくて良かった♪
無理をせず休養してください。
Gute Besserung!
[PR]

by dankeivo | 2008-08-05 01:32 | Ivica Vastic
2008年 08月 04日

第5節 ザルツブルクとの首位攻防戦  0:1負け


OÖN記事の一部
0:1 ヴァスティッチ病院行きで終わった
“このようなチャンスは生かさなきゃならない“クリストファ・ザウラーは自分自身に腹を立てた。彼はザルツブルクで先制をしなければならなかったのだが、しかしポストに当てただけだった。LASKは0:1で負け、イヴィツァ・ヴァスティッチは頭部負傷で退場した。

この敗北はLASKにとって痛い。特にキャプテン、ヴァスティッチ、彼は終盤セカグヤとのヘッドボールの競り合いで衝突した。この38歳は頭部内出血と頬骨骨折の疑いで交替させられ、すぐに検査のためザルツブルク救急病院に連れて行かれた。

ヴァスティッチは33分LASKの一番のチャンスをお膳立てし、これでザウラーは1:0とするべきだったのだが。アイディアのある横パスの際、この22歳は空っぽのゴールの前に一人で立っていた、そして彼の苦手の左足は左のポストにしか当てられなかった。ザウラー:“このようなチャンスは生かさなきゃならない”

ザルツブルクの得点はファンの声援に促され63分に交替で入ったヤンコが108秒後に決めています。
LASKのボール支配率35パーセント、まあ、順当な負けだったてことかな?

しかしイヴォのケガの状態が心配ですね、
期待していたレアル・マドリーとの記念試合もそけい部の不具合で出場しなかったのでザルツブルク戦は欠場かもと思っていましたがスタメンに名前が、ホッ!とした矢先
頭部内出血と頬骨骨折の疑い、(サッカー選手は顔が命、違うか?)

第2節、3節と倒れている姿が・・・リーグ戦終了するやEUROと続き、休暇が短すぎたか、さすがのイヴォでも調子を落としているかも
たいしたことないことを祈ります。
[PR]

by dankeivo | 2008-08-04 17:06 | LASK