平静と情熱のはざまで(chiko's blog)

dankeivo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:サッカー( 8 )


2008年 07月 25日

日本をワールドカップに導きたい

ORFにあったオシム記事、クロアチア日刊紙”ヴェチェルニ・リスト”(長束さんが訳してくださるかも・・)からのドイツ語訳です。
そして私が日本語訳、またまた醜いものですが・・・Bitte!

オシムが再び日本代表監督であることを望みます。
信じれば叶う、決して諦めない・・・イヴォ(←オシム)を通して教えてもらったこと

d0040450_16362195.jpg


http://sport.orf.at/080724-7061/index.html
クラブ監督も考えられうる
ボスニア人は相変わらず日本サッカー協会のために仕事をしている


イヴィツァ・オシムは脳卒中による健康上の問題を抱えているが、将来に大きな計画をもっている。
彼は2010年南アフリカワールドカップへむけた監督として日本を率いるつもりだとオシムはクロアチアの日刊紙“ヴェチェルニ・リスト“でのインタビューで明らかにした。(インターネット版)

“私が望んでいることは本当だ“とかつてのシュトルム監督は述べ、”もし本当にワールドカップへチームと共に行けるのなら、それは私が完全に回復するという意味だろう“

グラーツでリハビリ
現在67歳のボスニア人は“州立神経クリニック ジグムント・フロイト“でのリハビリのためグラーツに滞在中であり、水曜日グラーツ対マッタースブルク(3:0)戦をグラッツーUPCアレーナで観戦した。
彼は2007年11月脳卒中に倒れ、その後12日間こん睡状態にあった。

オシムは12月健康上の理由から日本代表監督を解かれのだが、相談役として日本サッカー協会に手を貸している。

すべてがありうる
クラブ監督として復職することもオシムは思い描くことが出来る。“これは私の希望だ、取り組んできたことはすべていつも叶ったとは限らないが”

彼の子息アマルはボスニア・ヘルツェゴビナの代表監督の指名の際、クロアチア人のミロスラヴ・チロ・ブラゼヴィッチに敗れたことにオシムは冷静に解説する。“アマルにとって、彼がチロの対立候補だったことは補足にすぎない。”

クロアチア監督への賛辞と叱責
ブラゼヴィッチは1998年フランスワールドカップでクロアチアを3位に導いた。現在のクロアチア監督、ウィーンで行われたユーロ2008の準々決勝トルコ戦で敗退したスラヴェン・ビリッチにオシムは大きな賛辞を送った。“ビリッチはあるときはファビオ・カッペーロのようの良かった。”

ユーロでビリッチは確かに大きなミスを犯した。オシムは“ヴェチェルニ・リスト”のリポーターを引き合いに出した。そのリポーターはエルンスト・ハッペル・シュタディオンでの準々決勝の延長戦の終了間際にイヴァン・クラスニッチが1:0とした後ビリッチとその仲間たちの歓喜の舞、それが即座にトルコに同点に持ち込まれ、PKでの敗退に繋がったという意見である。

オシム:すべての監督スタッフは解っていなければならなかった。そんなにリアクションしてはいけない、あなたたち自身、チームはこれによっておおいに混乱し、まだ危険が脅かそうことを忘れた。
[PR]

by dankeivo | 2008-07-25 16:56 | サッカー
2008年 07月 15日

オシム インタビュー記事

できるだけひっそりとder Standerd紙に掲載されたオシムのインタビュー記事の訳文を載せます。多分どなたかがもっと完璧な訳をされると思うのです。またオシムへの注目は大変大きいので私のようなへたくそな訳はお叱りを受けそうですが、イヴォのことや、EUROのことなど興味がありましたので・・・誤訳、意訳ご容赦

d0040450_15444397.jpg

もしかするとベンチで死ぬだろう
イヴィツァ・オシム、世界基準の監督、サッカー哲学、はグラーツで脳卒中から回復してきている。 スタンダード紙インタビュー

Gregor Stuhlpfarrerは健康について、個人的な将来、オーストリア代表についてオシムと話した。

Standard :お元気ですか?
Osim:まあまあだね、とっても早い(回復?)というわけにはいかない。私がまだ生きているってことは幸運なことだ。私はすでにあちら側にいた、再び戻ってくることは大変難しいことだった。私は手に問題があり痺れている。話すこと、考えること、記憶すること、当然すべてに苦しんでいる。初めは頭が廃墟になったと感じたが、しかしそれは段々よくなってきた。表向きは再びすべてが脳卒中になる前のように機能するにはまだ2,3年かかるだろう。私がそこまで忍耐力があるかは解らない。

Standard:ベンチに立てないことはあなたにとって苦しいことですよね?
Osim:そのことはわたしにとってもっとも重要なことだ。脳卒中になる直前まで私はベンチにいた。私が病院で目覚めたとき、医師は私に言った、監督として仕事をする可能性はもうないでしょうと。このことは私に強大な衝撃を与え、耐え難い罰のようだった。誰かを処罰しようとするなら、その誰かがサッカーのために人生を送っていたのだったら、このようにだけ言えばいいだろう、将来もうそれはやれないでしょうと。私は現在試合の観客でいる、私はすでにこの間享受しているし、それは素晴らしいことだよ。

Standard:ヨゼフ・ヒッケルスベルガーはEUROの後辞任を表明した。あなたはこの決定をあとづけることが可能ですか?
Osim:可能だ、このことは彼の性格を物語っている。この問題はしかるべき時に完璧な辞任をすることに本質がある。辞任を正しく選択するならば、なおある仕事へもっとも良い結果をもたらす。

Standard:オーストリアサッカー協会は目下のところヒッケルスベルガーの後継探しにある。ずっと以前からのように再び外国からの監督の出番となるのでしょうか、外国の監督は国内の監督より良い解決なのでしょうか?
Osim:それは一つの可能性だろう、しかし慎重でなければならない。多くの国がそれを試している、全部ではないが、たとえばスべン・ゴラン・エリクソンのイングランド、ベルティ・ヴォガツのスコットランド、これらの国は成功を収めている。一方ギリシャのオットー・レーハーゲル、素晴らしく機能している。自国の監督の長所は、選手たちを良く知っていることだ。しかしながら、サッカーはあらゆるところで同等だ。とどのつまり監督は国籍ではなくカリスマである。

Standard:EUROでのオーストリア代表の結果をどのように評価されますか?
Osim:彼らは信じられない重圧に晒されていたのだが、時間の経過と共に非常によくプレーしていたことは驚きだった。人々はチームや監督を2年間にわたって酷評せず、奇跡を期待して待っていた。例を挙げればクロアチア戦の後半は大変よかった。私もイヴィツァ・ヴァスティッチを召集したいのだが・・、なぜなら年齢や見た目はまったくどうでもよい。選手は良くなければならない。さらに私はマリオ・ハースも召集したい。我々の問題はフォワードにあることは明白だ。

Standard:監督の仕事はあなたをそそりますか?そのような場合、あなたの健康は受け入れるのでしょうか?
Osim:私はいつも話していた、それは難しいと。私はボスニアからやってきた、そこが私の故郷だ。ボスニアでひとはある一つの時期を長いこと考えていた。私が再び帰り、グラーツには留まらない。私はオーストリアで何かを作り上げ達成したが、最終的に帰郷していない。私は監督になることは望まない。なぜならボスニアの誰も失望させたくないからだ。

Standard:ザルツブルクは自由に使える豊富な予算があるにもかかわらず、昨シーズンはラピッドがチャンピオンになった。
Osim:お金はサッカーをしない。スター監督もまた同様である。

Standard:僅かな予算の小さなクラブが成功するにはどのようにすればいいのでしょう?
Osim:首尾一貫した働きでしか機能しない。私はいつもトレーニングのとき、試合でどの位出来るだけ広くシュミレーションすることを試みていた。満員のスタジアムと同じような雰囲気を作ることはできない。しかし次の対戦相手としてチームの1部分をプレーさせることはできる。トレーニングは変化に富んでなくてはならない。創造力、リスクをとる勇気、哲学、アイディアを伝えなければいけない。

Standard:あなたは根本的にはまたクラブを監督したいのでは?
Osim:はい、いつか再びもう一度ベンチに座りたい。もしかしたらベンチで死ぬだろう。

Standard:それをあなたは以前にも話された、センセーショナルすぎませんか?
Osim:センセーショナルかもしれない。しかしなぜダメなのかね?私はどこでも死ぬ可能性がある。監督ベンチがより好ましいと考えている。
[PR]

by dankeivo | 2008-07-15 15:49 | サッカー
2008年 07月 01日

EURO2008 余韻  1

d0040450_22451291.jpg

マドリッド コロン広場

d0040450_22453925.jpg

ベルリン ブランデンブルク門
d0040450_22461731.jpg

d0040450_22591354.jpg

d0040450_22554913.jpg

[PR]

by dankeivo | 2008-07-01 23:01 | サッカー
2008年 06月 30日

EURO2008 1-0 スペイン優勝!

d0040450_2145869.jpg
フェルナンド・トーレスのゴールでスペインが44年ぶりの優勝を決めた。
立ち上がりはスペインに硬さが見られ、ドイツに押し込まれたが、
33分シャビからのスルーパスに反応したFトーレスがディフェンスのラウムに走り勝ち、GKレーマンをかわし、ゴール左隅に流しこんだ。(この試合のFトーレスは最高だった!)
ここからはスペインのペース、
ドイツは苛立っているようにみえ、ファールで止める場面が多くみられた。
点差以上にスペインは圧倒していた。

多分この試合観ていてスペインのサッカーに好感を持った人が断然多かったと思う。
“柔よく剛を制す”

私の注目のシルバは絶好のゴールチャンスを逃すは、
ポドルスキに頭突き・・・何を言ったか知らないがレッド出なくて良かったわ(ほっ)・・・挑発に乗ったらダメよ♪
d0040450_21623100.jpg

いままで画面から受ける印象としては
喜びも控えめで歓喜の輪でも中心にはいない(アラゴネス監督胴上げの場面でも外側に居て前の選手のユニ引っ張っている) 
それが結構熱いんだなあと思った。

そのあともどいつだか知らないが絡まっていた。
66分交替もこれ以上の揉めるのを避けるためだったか・・
d0040450_21114497.jpg

かくして楽しかったサッカー祭りの日々は終わった!
スペインはまだ選手が若いし、楽しみだね♪
美しすぎる~~~~
8月後半からはリーガ・エスパニョ~~ラも観るよ!
[PR]

by dankeivo | 2008-06-30 21:18 | サッカー
2008年 06月 28日

その名はダビド・ホスエ・ヒメネス・シルバ

d0040450_2193226.jpg
オーストリアがグループリーグで敗退し、“EUROは終わった”
と思っていた私の目に飛び込んできたのはスペインのダビド・シルバ。
↑が正式のようです。
この2,3年海外サッカーから目を離していた私、彼をこのEUROまで知りませんでした。(もったいなかった)
背は低いですが、よく走り、ポジション頻繁に替え
パス、ドリブル、ディフェンス、試合の読み、素晴らしい!!!
イタリア戦で惜しいシュートが何本かあって、ロシア戦、今度こそ決めてくれ!と思っていたら、試合を決定づける3点目を決めてくれました。

決勝戦ドイツの頑強なディフェンスを翻弄させてくれることを楽しみにしています♪
22歳だって、まだまだ魅せてくれそうだね、愉しみ~~♪


ところで佳純と被って見えるのは私だけ?
[PR]

by dankeivo | 2008-06-28 02:20 | サッカー
2008年 06月 25日

注目のクロアチア×トルコは・・・

前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半14分まで0-0、
どちらも決め手を欠く試合運び、
誰もがPK戦で決着と思った瞬間、
途中交替で入っていたクラスニッチゴ~~ル!病気からの復活、奇跡のゴ~~ル!と思っていた・・・
それはあとワンプレーだった。
トルコがクロアチア陣内に攻め入っていく・・・ゴ~~ル!
なんというドラマチックな展開なの!!
そしてPK戦突入の笛、

交替が認められなかったことに抗議するビリッチ監督、
一方トルコ監督は選手たちを鼓舞し指示を与えている・・・
試合の流れの変化は歴然だ、

案の定、一番手あの、あのモドリッチが外した~~!
動揺が伝染するのか3人目も外す、
トルコは3人目もきっちり決め、
勝負あった!
ミラクルタ~キ~~~!

準々決勝は本当に面白かった。
ポルトガル×ドイツ 2-3
クロアチア×トルコ 0-0、1-1、(PK1-3)
オランダ×ロシア 1-1、1-3
スペイン×イタリア 0-0、0-0、(PK4-2)

私の今回の収穫はスペイン、シルバだわ♪
[PR]

by dankeivo | 2008-06-25 02:26 | サッカー
2008年 06月 25日

ビリッチ、はなまる急上昇中?

d0040450_1494022.jpg
イヴォのロスタイムゴールを観て、某語学サロンで一緒のJ嬢がメールをしてきた。
“ヴァスティッチが日本でプレーしていたことを知りませんでした、私ってもったいないことしましたね~~”
“うん、そうだね”
“私の中ではビリッチがはなまる急上昇中です!長束さんのコラムにビリッチのこと書いてあるのでよかったら見て下さい。彼の作曲した公式オフィシャルサポーターソングへもリンクしてありますから・・・”

そしてビリッチがどれほど才能があるか、天は彼に二物も三物も与えたと・・・
かなり重症だね♪でも幸せね♪こっちも嬉しくなっちゃうよ♪
ということで98年フランスワールドカップ時のサッカーマガジン増刊号を引っ張り出してきた、
ビリッチ画像、ちっこいのあったよ!
[PR]

by dankeivo | 2008-06-25 01:52 | サッカー
2008年 06月 20日

クロアチア×トルコ戦を前に

http://www.nachrichten.at/sport/euro08/700437
今夜のクロアチア×トルコ戦を前にOÖNにクロアチア生まれのイヴィツァ・ヴァスティッチとトルコ移民の子ウミト・コルクマズのインタビュー記事がありました。

イヴォに関しては
休暇中でクロアチア、スプリト近郊のカステルで家族と一緒にテレビ観戦するそうです。
もちろんクロアチア、
この試合中は全クロアチア中で誰も道で見かけないだろうと。
1週間のうちにLASKに帰るそうです。

一方ウミトはウィーンスタジアムのVIP席のようです。

時間があったら訳してみます。
[PR]

by dankeivo | 2008-06-20 19:49 | サッカー