平静と情熱のはざまで(chiko's blog)

dankeivo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

Ivo,ich wünsche dir alles Gute zum Geburtstag!

http://www.nachrichten.at/lask/738084

そのヤングマンはいいサッカーをする
LINZ:ごきげんよう、イヴォ!今日はイヴィツァ・ヴァスティッチの39歳の誕生日。この
LASKのキャプテンはすでに土曜日自らにプレゼントをした。カプフェンブルク戦2:0の勝利で1点目をアシストし、2点目を自ら決めた。

敗北したカプフェンブルク監督ウェルナー・グレゴリシェから大きな賛辞が送られた。
“イヴィツァ・ヴァスティッチ個人の優れた資質がこの試合を決定づけた。”このベテランはフローリアン・クラインに1点目を上手くアシストし、彼はオフサイドポジションではあったが決めた。(21)2点目はトーマツ・ヴィジロのアイディアのあるアシストを冷静に活かした。(53)

ヴァスティッチとミヒャエル・バウアーは39歳である。“彼らは毎日プロとして考え、暮らしている。彼らは良くトレーニングし、自らの身体に気を配る”とアンドレィ・パナディッチ監督は語る。バウアーはこのシーズン終わりに引退するだろうが、ヴァスティッチはそのことをまだ考えていない。“私はキャリアの最後にはかかわらない、私はすべて成り行きにまかせて傍観している。”パナディッチはヴァスティッチにもっと長くピッチの上での手助けとしてみて欲しいのだが。“このヤングマンはなおずっと素晴らしいプレーをする。”とほくそ笑んで語った。“彼はフィットする限りはプレーしなければいけない。”なぜならLASKはヴァスティッチから学ぶのは彼のプレーの資質だけではない。パナディッチ:“彼は選手仲間たちと常に話し合っている。彼らは話し合いのたびにそこから何かを学んでいる。”

家族と祝う
本日選手たちはオフである。ヴァスティッチは彼の祝日を義務なし(試合、練習なしという意味?))で祝う。“私は誕生日を身内だけで過ごす。それは私にとって最も好ましいことだ。“妻アンニ、息子たちトニ、ティン、娘ララとともに。彼は何を望むのか?“健康”LASKのためには?3連勝をさらに伸ばすこと。ヴァスティッチ:我々はカプフェンブルク戦上手くプレーした。このような試合をまずは勝たなければならない“なぜならLASKは優勢というわけではなかった。立ち上がりの不安定さを含めてカプフェンブルクはよかった。

数多くの若いLASKの選手たちにとってヴァスティッチは選手仲間と言うだけではない、“兄貴”でもある。土曜日彼は“家族の一員”マリオ・ミヤトヴィッチを叱りつけたようだ。彼は金曜日にRohrbach対LASKアマチュアにプレーしなければならなかった。このFWは来るのが遅すぎ、そのために選手として出るカプフェンブルク戦のため飛んできた(?)
ベンチ入りしたベンジャミン・フロイデンテアラーはロスタイムにリーグ戦初出場した。“特別な気持ち”とこの19歳は語った。このFWは最初のボールコンタクトさえなお待たなければならない。
[PR]

by dankeivo | 2008-09-30 21:12 | Ivica Vastic


     第11節カプフェンブルク戦 義... >>