平静と情熱のはざまで(chiko's blog)

dankeivo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 18日

リッピ、ヴァスティッチに感動した

新代表監督カレル・ブリュックナーの指揮のもと、8月20日にニースで親善試合イタリア戦が行われます、ヴァスティッチは残念ながら選ばれませんでした。
ネット検索中イタリア監督リッピのインタビュー記事見つけました。

d0040450_16253878.jpg

http://www.oe24.at/zeitung/sport/fussball/article346452.ece
イタリア代表監督マルチェロ・リッピはインタビューでカレル・ブリュックナー、ユーロ、について話し、オーストリアの何を評価しているのかもらした。

ÖSTERREICH:水曜日ニースでオーストリア戦が行われる。この試合はイタリアにとってどのような意義があるのでしょうか?
Lippi:私個人にとっては特別なものだ、なぜなら私の監督としての最後の試合はワールドカップ2006のファイナルだからね。大変嬉しいよ。

ÖSTERREICH:あなたはオーストリアの代表新監督カレル・ブリュックナーをよく知っていますか?
Lippi:素晴らしい監督だ。彼をよく知っているよ。彼は非常に多くのことを解っていて、経験もある。彼はいい男だ。チームに100%持ち味をもたらすには時間がかかるだろう。

ÖSTERREICH:それからニースでは友人の間で出会いがある。
Rippi:その通り、カレルとともに監督研修に出席し、2006年ワールドカップで我々はまた会った。イタリアはチェコに2:0で勝った。彼の成功を祈るよ。

ÖSTERREICH:あなたはユーロの間オーストリアチームにどのような印象を持ちましたか?
Rippi:あなたがたはホームで素晴らしい人気で、素晴らしい試合をした。ひとはあなたたちの大きなモチベーションと熱狂をみた。あなたがたはコンパクトに試合をしていた。そこにあのヴァスティッチがいた!?

ÖSTERREICH:はい、われわれのチームの年長者、彼はイタリア戦にはいないでしょう。
Rippi:彼は私を感動させた。38歳の彼が見せてくれたことは本当に素晴らしい。ヴァスティッチは経験をおおいに生かし、生き生きとしている。そしてブロンドのフォワード ローマン・キーナストもよく売り込んだ。

ÖSTERREICH:ガリシス、ザウメルとマニンガーはセリエAでプレーしている。このことは彼らにとって大変有利なことでしょうか?
Rippi;もちろん、セリエAは最も強いヨーロッパのリーグだ。成果を収めることは難しい。それを成し遂げることは素晴らしいことだよ。

ÖSTERREICH:ワールドカップ勝者にとってオーストリア戦はどのくらい容易いことでしょうか?
Rippi;(ほくそ笑んで)散歩ではないだろう。
[PR]

by dankeivo | 2008-08-18 16:37 | Ivica Vastic


<< 第7節 シュトルム対LASK ...      LASK ダービー戦に勝利し、首位 >>